診療のご案内

飯田橋駅近くのメンタルクリニックです。心療内科 精神科 神経科 こころの病気を対象に治療を行っております。

うつ病非定型うつ病、難治性うつ病など

気分が落ちこむ、気力がない、睡眠障害、食欲の低下(増加)、疲れやすいなどの症状が2週間以上続いたらご相談ください。

双極性障害躁うつ病

うつ病だと思いながらも極端に調子がよくなって活発になる時期がある場合は、双極性障害(躁うつ病)かもしれません。

パニック障害

突然理由もなく、動悸、めまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えという発作(パニック発作)を繰り返し、生活に支障がでるような病態です。

社交不安障害

人前で話したり、行動したりする場面で強い恐怖感や緊張感を伴い、本人が著しく苦痛を感じたり、時には仕事や学業などに影響がでたりする状態です。

強迫性障害

自分ではつまらないことだとわかっていてもその考えが頭から離れない、そのために何度も同じ行動を繰り返してしまい日常生活に影響がでてしまうような障害です。

発達障害

自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、多動性注意欠陥障害、学習障害など

睡眠障害、不眠症不眠症、過眠症、睡眠覚醒リズム障害など

睡眠になんらかの問題がある状態をいいます。

睡眠時無呼吸症候群SAS

睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなり、それによってさまざまな日常生活に障害を引き起こす疾患です。

摂食障害

食事をほとんどとらなくなってしまう拒食症、極端に大量に食べてしまう過食症があります。

月経前症候群
月経前不快気分障害PMS / PMDD

生理前になると不快な症状が現れ、日常生活に障害がみられます。生理が始まると症状が軽くなり消失するのが特徴です。

自律神経失調症

内科等で検査をしても原因のはっきりしないような動悸、息苦しさ、たちくらみ、めまいなどで苦痛が続いている場合は精神科的な問題が背景にあることがあります。

認知症

生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態をいいます。

統合失調症

脳の様々な働きをまとめることが難しくなるために、幻覚や妄想などの症状が起こる病気です。

禁煙外来

保険診療による禁煙補助剤の使用や医師の指導、アドバイスを受けて治療が進められます。※禁煙治療は3ケ月で5回の通院プログラムです。

認知行動療法

認知(現実の受け取り方・ものの見方)に働きかけて、こころのストレスを軽くしていく治療法です。

産業医

企業と産業医契約を結び、治療だけでなく、予防に関する指導や講演、社員の相談窓口などの活動を行っております。

精神科 神経科 心療内科 南海クリニック

飯田橋駅近くの心療内科・精神科・神経科 メンタルクリニックです。おひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

診療時間はこちら
休診日 日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ 03-5879-7192Web診察予約(初診の方のみ)

東京都新宿区下宮比町2-1-3F
※みずほ銀行のあるビルです。
クリニックへのアクセス

Top