強迫性障害

自分ではつまらないことだとわかっていてもその考えが頭から離れない、そのために何度も同じ行動を繰り返してしまい日常生活に影響がでてしまうような障害です。

たとえば、以下のような症状です。

朝、自宅をでるときにコンセントやガスの元栓や窓の鍵などを閉めたかが心配になり、時間がないにも関わらず何度も確認しないと気が済まなくなります。ときには、時間をかけて確認して出たのにも関わらず自宅をでてからもう一度もどって確認することもあります。この場合、確認しないと気が済まないことを強迫観念、実際に確認することを強迫行為といいます。

その他の症状

  • 不潔におもえて過剰に手洗いをしないと気が済まない
  • 誰かを傷つけてしまったのではないかと確認しないと気が済まない
  • 自分の決めた手順で物事をおこなわないと恐ろしいことが起きるのではないかと不安になり、その手順をおこなわないと気が済まない
  • 数字や物の配置へのこだわりが強くなる

精神科 神経科 心療内科 南海クリニック

飯田橋駅近くの心療内科・精神科・神経科 メンタルクリニックです。おひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

診療時間はこちら
休診日 日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ 03-5879-7192Web診察予約(初診の方のみ)

東京都新宿区下宮比町2-1-3F
※みずほ銀行のあるビルです。
クリニックへのアクセス

Top