症状・治療について

クリニックのご紹介当クリニックの院長である南海昌博は、うつ病やストレス関連疾患の原因について、脳科学を基礎とした研究および治療を20年以上も行なってまいりました。

以下の様な症状のある方が、当クリニックを受診されています。

睡眠障害

睡眠障害

寝つきが悪い。夜中に起きる。

朝早く起きる。睡眠が浅い。

朝起きられない。ほとんど一日中寝ている。昼間も眠い。

嫌なことが頭から離れない

嫌なことが頭から離れない

仕事のことが気になる。

上司とうまくいかず、顔を合わせたくない。

セクハラを受けている。

子育てや子供の教育のことで悩んでしまう。

朝の気分が悪い

朝の気分が悪い

気分が晴れず、人と会いたくない。

朝刊を読むのが億劫だ。

仕事に行くのが億劫だ。

不安になる

不安になる

電車や飛行機に乗るのが不安だ。

突然、理由なく動悸のすることがある。

重い病気ではないかと思い不安になる。

人と一緒に食事をするのが不安である。

Copyright© 2008 南海クリニック All Rights Reserved.